« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月27日 (水)

バッテリーレスキット

P1030078

単体の商品だけど「キット」

| | コメント (0)

2008年2月23日 (土)

とりあえずできた!

P1030071

思った以上にいい感じになったと思います。

P1030074

後は配線だぁぁぁ…がんばろう

昨日組み立て手伝ってくれた親友にバッテリーレス化の話を聞いてしたくなってきた。

| | コメント (0)

2008年2月21日 (木)

メーターとNランプステー

P1030066

いつもの廃材で作ります、ステンレスを磨いてメッキ風にしました。

P1030068

裏はこんな感じです。

P1030070

取り付けるとこんな感じ、明日はエンジンを合体!

| | コメント (0)

2008年2月20日 (水)

リアウィンカーの穴

P1030060

前使ってたウィンカーは8㎜だったんでいけてたんですが次から使うウィンカーステーは10mmなんで穴を少し大きくしないといけない、しかし8mm→10mmその差2mm片肉1mm…ドリルの回転落としてもたぶん食い込んで汚い穴になるだろうなぁ。

考えに考えぬいて10mmのネジ穴を開けることにしました、これなら食い込むことはないし10mmのした穴もだいたい8㎜でいけるし、後は10mmのピッチ1.25タップを手に入れればできるけど仕事場にあるやつはピッチが1.5ばかり、工具屋さんに聞いてみる前にだめもとでホームセンターのコーナンに電話してみたらあったよ!コーナンすごいな!

P1030061

コーナンで買ってきたタップと会社のハンドルを持ちかえって合体!

ちなみにタップは二番手タップ値段は680円でした。

P1030062

ゴリゴリとネジきり♪

P1030065

でっきあがりー♪

| | コメント (0)

2008年2月19日 (火)

燃料計の裏側

080219_001_2

こんなんでした。

| | コメント (0)

2008年2月16日 (土)

沐浴体験!

今日は赤ちゃん本舗に沐浴実習をしに行って来ました!感想は絶対体験しといたほうがいい!本とかでなんとなく分かっててもいざやってみるとオロオロするばかりで、結構大変だけどその100倍くらい面白い!絶対子育て面白いと思う!(大変なこともあるかもしれないけど)あー早くうまれんかなぁ。

P1030058_1

ついでに妊婦体験もしてきました、妊婦さんは大変だなって思いました。

| | コメント (0)

2008年2月15日 (金)

焼付完了!

なんとか計画どうりにいきました。

P1030046

下地を吹いてペーパーかけたところそして

P1030047

出来上がりフラッシュで白っぽく見えるけどグレーです、後は夜な夜な組み立てれば完成!

| | コメント (2)

2008年2月12日 (火)

焼付け塗装その壱

とりあえず一部ですがやってみました、ぼちぼちの出来だと思います、後はメインのボディにウィンカー用ナットつけたりしたら大まかには終わるんですがサイドカバーをどうするか考え中です。

P1030042

P1030043

グレーですかっこよく(?)ゆったら「エレファントグレー」です、古臭くヴィンテージっぽくなったらいいな。

| | コメント (0)

2008年2月 6日 (水)

できたできた♪

P1030030_3

どーにかこーにかできました!(やったぜ!!)

P1030029

くぼんだところとか小さい穴はパテで埋めます。

P1030031

パテ埋めしゅうりょー、おー!できた!後は下地とか吹いたら塗装だ。

| | コメント (0)

2008年2月 4日 (月)

溶接がぁぁぁ…

P1030028

プレス部分の空洞に入れる6㍉角鉄です、ちょっと曲げてそれなりに沿わせます。

P1030027

それを空洞に入れて…さぁ!溶接で埋めまくろう!とスイッチオン!ビィィボス!ボス!ボス!!と嫌な音、この瞬間やっちまったかもしれないと確信、溶接するとこのボディがとっても薄くて電圧に耐えれなくて穴が開いて広がるとゆう最悪の結果に、すごくテンションダウンしたけど何とか徐々にだけど穴をふさぎきれそうです。

| | コメント (2)

2008年2月 2日 (土)

作り直し

ヒビわれパテ部分を砕いて取り出しました。

P1030019

プレス部分は空洞になってるんですよ、今度はパテじゃなくて書くの6㍉ぐらいの角鉄を入れて溶接して埋めようと思います。

P1030020

現在オリジナルペイント残り3割ぐらいです、いらないネジとか穴とかふさいだりしてます。

| | コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »